キャッシング 為替市場

キャッシングのローンは、銀行からキャッシュカードを使うような感覚でお金を借りる事が出来る手軽な手段だ。申し込みは、インターネット、電話、郵送などの手段から選べる。

金融 関連情報

FX取引は、取引業者に一定額の証拠金を担保として差し入れれば、何倍もの額の外国通貨の取引ができる。国内の低金利を嫌った個人投資家の人気を集める一方で、為替動向によっては多額の損失を被るリスクも指摘されている。 20日は、中国政府が減税や市場安定策などを含む2000億〜4000億元(約3兆2000億〜6兆4000億円)の景気対策を検討しているという情報が市場で流れたことが買い材料となった。電力料金値上げや原油価格の安定なども好感され、大半の銘柄がストップ高まで買われた。 日本銀行は27日、少ない元手で多額の為替取引ができる「外国為替証拠金取引」(FX取引)の実態に関する調査結果を発表した。2008年1〜3月期の取引口座数は142万口座、取引高は222兆円で06年4〜6月期と比べて口座数で3・7倍、取引高で2・6倍にそれぞれ急増した。1日当たりの取引高は1・9兆円(07年1〜3月期)で、日銀は、世界の外国為替市場の円スポット取引の1割程度にまで拡大していると推計している。 日銀は19日の金融政策決定会合で、景気認識については7月の「さらに減速」から「停滞している」と下方修正した。これに関連して白川総裁は「日本経済が深い調整局面に陥る可能性は小さい」との認識を改めて示した。理由として、サブプライムローン問題で日本の金融機関の損失が限定的で金融市場が安定していることなどを挙げた。